【ミャンマー】ヤンゴン観光は暑かった

ミャンマー
この記事は約5分で読めます。
世界一周ブログランキングこっそりと参加中。もしよろしければクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ミャンマーは暑い!

昼間は最高38度で、少し歩くだけでも汗ばみます。

昼間は暑すぎるので出来るだけ安いバス(100k /200k=7円/14円)を利用して、バスがないところはタクシーで。タクシーは交渉制だけど、初乗り1000k(=73円)なので安いです。

【ヤンゴン】

【気温】最高38度 最低22度

【通貨】1K=0.073円 100K=7.3円

 

aung thukaでランチ

現地の人が集うミャンマー料理のaung thuka(アウンツーカー)。

大量にあるものから注文します。

野菜は明らかに一人前の量ではないけど、スープと合わせて付き出しみたいな感じ。お代わり自由みたいです。

ミャンマーのお店ではカレーを注文すると、付け合わせで野菜、副菜、スープなどが添えられて料金込です。

大エビのカレーはプリプリで、味付けのトマトも凄く美味しい!ポークカレーの方は美味しいけど、脂身が多い。ミャンマーのカレーは油で煮込んでいるらしく、日本のカレーとは全然違います。

流石に野菜が多すぎて全部は食べきれませんでした。

パインジュースは濃厚で冷たくて絶品。氷でお腹を崩しませんように・・・!

 

ランチ後はスーパーで事前に調べていた虫よけスプレーを購入。デング熱とかマラリアとかは予防接種がないので怖い・・・。

紫はDEET12%、黄色がDEET20%、緑はDEETフリーです。DEETは虫除けの濃度で高いほど効果が強いです。

黄色を購入しました。安いしどこにでも売っているので、たっぷり使います。

 

黄金に輝くミャンマー人憧れの地のシュエダゴンパゴヤ

ヤンゴン市外の北、丘の上にあって街を走っていると金色に輝くパゴヤが見えます。歴史は紀元前まで遡ると言われ、聖なる力に誘われて国内外から大勢の人がお参りに来るそうです。

南参道口からは104段の階段かエレベーターで昇ります。両側にお供え用の花屋や仏像屋、金箔屋など沢山の店が並んでいるので階段でも楽しい。ちなみにここから裸足。

登りきって、外国人は拝観料10000Kをお支払い。現地人はタダ・・・。

頂上は仏塔がテーマパーク状態で、何十個も並んでいます。

残念ながら工事中。

塔の最頂部は見えないけど、7000個以上のダイヤモンドやルビー、ヒスイなどの宝石が散りばめられているそうです。豪華ー。

天井まで豪華絢爛。

なぜか、仏像の背後を照らす後光はLED。カラフルに光が点滅して、ここだけ近代的。

雲がポップ。

 

ミャンマーでは、どの曜日にうまれたか(誕生曜日)によって性格や人生、相性などが決まっていると言われており、曜日を大事にしているそうです。ちなみに曜日は7つだけど、何故か水曜日だけ午前と午後に分かれています。全部で「八曜日」

予め、自分の生まれた曜日を調べてその祠をお参りします。

私はこちら。火曜日生まれです。火曜日の守護動物はライオン。下にちょこっと座っていて、カッコいいというよりも可愛らしい。

こんな感じで自分の曜日の仏像にお水をあげます。みんな1回だけではなくて、10回とかお水を掛けていて「そんなに!?」って思うぐらい何回もあげています。

ミャンマーといえばタナカ(Thanaka)。子供~女性を中心に、日焼け止め効果のある万能化粧品を頬に付けた人が、ここにも沢山いました。

外は38℃。猛暑なのに、参拝客は途切れることなく大勢います。

パゴヤの外に出ても、マーケットが出来ていて大勢の人。

 

実は、ガイドをしたがるおじさんが最初からべったりついていました。「よく出没する、親切ではない押し売りのガイド」と地球の歩き方にも書かれていたので、「チップもお金もないよ。一人でゆっくり回りたいの。」と何回もいったけど全く挫けず。

おじさん放って反対方向に歩いたりもするけど、ずっと付いてきて全部解説してくれる。木陰で長時間休憩してても隣に来る。

結局パゴヤを出るまでずっと一緒でした。

最終的にチップは要求されなかったけど、出てからも「コーヒーを飲みに行こう。僕のタクシーで行こう。」と断っても断ってもしつこい。流石にこの人の車に乗るのは怖すぎると、少し身の危険を感じたので、無理やりバスに乗ってバイバイしました。

 

夜行バスでバガンへ9時間の旅

ミャンマーの旧首都ヤンゴンからバガン遺跡まではバスで9時間!長い道のりだけど、列車は評判が良くないので夜行バスを利用します。

ミャンマー各地に向かうバスが出ているのが、ヤンゴン郊外にあるアウンミガラーバスターミナル。

バスターミナルへ行くのは36番バスです。どこまででも一律200K。

18時20分ごろ。一番混雑する時間帯で乗車率200%じゃないかっていうぐらい缶詰め状態。その後乗客が下りるまでバス停を通過していたので、この時間帯にバスに乗る場合は注意した方がよさそうです。

 

バスターミナルに到着後もバス会社でごった返しているので、迷う迷う・・・。

結局バス会社に到着したのは20時で頃した。

出発が21時なのでお隣でミャンマービールを1杯

すっきりしていて凄く飲みやすい!夜でも暑いから余計に美味しい!しかも850K(=62円)と激安!(その後に行く、バガン、マンダレーのレストランと比較しても激安でした。)

ちなみにバスは、ネット予約したBagan Prince(JJ expressのVIPを予約したつもりが、別サイトで予約していたという凡ミス・・・!)でも3列シートのVIPなのに15$と格安!

コンセントはあり。

ネックピローと毛布がついて、足を上げて伸ばす足台付き。

お水と歯ブラシ。

コーラとお菓子も用意されました。

 

21時に出発して、23時20分ごろ休憩が1回あったのみ。JJexpressは2時ごろにも休憩が1回あるって聞いてたから、その分眠れて値段も安くてむしろ良かったかもと前向きに考えます。

全体的には満足だけど、唯一残念なポイントとしては、少し足元が狭かったこと。足は伸ばせるけど、まっすぐ伸ばすと前の席にあたる感じ。男性だと少ししんどいかも。

バガンには朝6時半ごろ到着しました。

次回はバガン!絶景で2泊ゆっくり満喫しました!

コメント

  1. ゆき より:

    はじめまして!
    5月から世界一周に行く予定のゆきと言います。
    ミャンマーは4月で、そんなに暑いんですねー!びっくりです。

    予防接種の記事、とてもわかりやすくて何度も読みました。タイで受けようと思っていましたが、日本脳炎は日本で受けてから行きます!

    マラリアは予防薬や治療薬など買われて行かれてますか?いろいろな情報があって、どうしたらいいか迷っています。

    もしお時間あるときがあれば、どうされたか教えてくださるとうれしいです。

    アジア楽しんでくださいー◎

    • ゆかりゆかり より:

      ゆきさん 
      はじめまして。コメントありがとうございます!
      参考にしていただいているみたいで嬉しいです。マラリアの薬ですが、迷いますよね・・・。
      私の場合、アフリカは来年以降になるので薬はまだ購入していません。ただ、渡航数週間前から内服する必要があるので渡航前にどこかの国では購入しようと思っています。

      すぐに病院に行ける環境にいるかも分からないし、発症すると命に関わるので、予防薬と治療薬両方持って行きます。(副作用は内服し始めが多く、大半徐々に軽くなるようです。)
      具体的な薬は、メフロキンかなとは考えていますが、もっと調べたり相談したりして後々決めようと思っています。
      (日本では予防内服の期間は原則12週間までです。ただ私のアフリカ渡航は3ヵ月以上・・・。欧米では1年の長期投与を行われることもあるそうなのですが、実際にどうなのかはまだ副作用に関するデータが少なくはっきりしていません。)

      ちなみに私が今いる、東南アジアでもマラリアにかかる可能性は0ではないですが、予防内服はしていません。虫よけスプレーをガンガンに使って蚊に刺されない対策だけしています。

      結論ですが、具体的に何を持って行くかはまだ決められていません。はっきりとしたお答えが出来なくて申し訳ないです・・・。
      ゆきさんも5月スタートだともうすぐですね。楽しんでください^^

      • ゆき より:

        ゆかりさん

        早速のお返事ありがとうございます。
        マラリアの薬を現地で調達され、アフリカに行かれるご予定なんですね。

        WHO(?)の地図ではアフリカだけでなく、アジアもマラリアの危険がある地域に色付けされていますが(特にインドなど)、実際にアジアにいるときにも予防薬が必要なのかや、どこの地域でどのくらいまでの予防をしたほうがいいのかなと考えていました。

        虫よけスプレー、大切ですね。私も現地に行ったら真っ先に買いたいと思います。

        マラリアの知識が全然なかったので、参考にさせて頂きます^^

        ミャンマーの写真、たくさん拝見しました!
        遺跡が多く、日本と全然違った雰囲気が面白そうだなと感じました。
        ミャンマーで気球にも乗れるなんて素敵ですね。

        お体にお気をつけて、旅を楽しんでください。
        これからもブログ楽しみにしています!

        • ゆかりゆかり より:

          そうですよね。ただ、私もマラリアに関して素人同然なので、近くに渡航外来など感染症専門の病院があればそちらで相談された方が良いと思います。
          ちなみに、ミャンマーの場合は空港にも蚊が沢山いるので、数日分は虫除けをスプレーを持参していました。
          ミャンマー凄く良いですよ。ありがとうございます^^