【ジョージア】秘境にある奇妙な絶景・ウシュグリ村へ日帰りトリップ

ジョージア
この記事は約5分で読めます。
世界一周ブログランキングこっそりと参加中。もしよろしければクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ユネスコの世界遺産に登録されている、メスティアを中心とするスヴァネティ地方。その中でもメスティアの更に奥地にある秘境・ウシュグリ村。ウシュグリ村はジョージアを代表する絶景の一つです。ただ、美しい景色とは裏腹に異様な歴史を感じる場所でもあります。

今回、メスティアを拠点として日帰りで訪れましたが、時間があれば1泊してゆっくりと過ごしたくなるような場所でした。

「ラピュタの世界」ともいわれる、ウシュグリ村への2019年のアクセス方法、料金などご紹介します。

【場所】ウシュグリ
【移動日】2019年9月18日
【気温】最高20℃ 最低7℃
【通貨】1ラリ≒36.2円

1.ウシュグリ村とは

大コーカサス山脈の一つであるシハラ山の麓に位置する標高2100mの集落。ヨーロッパ最高標高の村と言われています。現在は70世帯約200名が生活する村です。

ジョージアにあるアクセスしづらい村の一つで、アクセス方法はメスティアからの乗り合いバスやタクシーのみ。公共交通機関はありません。1年の6ヵ月間は完全に雪で覆われており、冬には訪れることが出来ない、秘境の村です。

 

2.ウシュグリ村への行き方

メスティア→ウシュグリ村の行き方
料金:30~40ラリ(片道、往復同料金)
出発時間:メスティア10時出発 ウシュグリ16時出発
所要時間:1時間50分
出発地:ウシュグリ村バスターミナル
到着地:Cafe Bar Enguriの駐車場

街中に何軒も往復バスチケットを取り扱っているオフィスがあります。数年前と比べて値上げしているようで殆どの会社が40ラリでした。(街の観光センターも40ラリ。)バスターミナルの少し東側の大通り沿いに2店舗35ラリの店が最安。私は当日朝、中心地に停まっている出発前のドライバーと直接交渉して30ラリで乗せてもらいました。

1台200ラリ前後で往復チャーターも可能です。午後到着で7人ぐらい集めることが出来れば、その方法の方が良いと思います。

ただし、この料金は同日の往復チケット。ウシュグリ村で1泊する場合、これは片道チケットになり、帰りの便は再度購入しなければならないと言われました。(交渉次第かもしれませんが…。)

10時出発。

道中の山。所々赤や黄色に色づいていて綺麗でした。それにしても本日は青空、最高のお天気です。

出発後約40分、往路で必ず「愛の塔」に立ち寄ります。復讐の塔とは逆ですね。

こちら、以前は無料だったのですが、入場料1ラリ(=36円)に変更になっていました。安いです。塔に上ることが出来ますが、山の中なので特に景色が良いわけではなさそう…。

「愛の塔」という名の通り男女にまつわる伝説が残されています。愛する人を失った娘のために父親がこの塔を建て、女性は残りの人生をこの塔で過ごしたと言われています。悲しき愛の伝説です。

ガタガタ、ぐねぐねの山道を走ること2時間弱、11時50分頃ウシュグリ村に到着しました。到着場所はCafe Bar Enguri横の駐車場。

16時に同じ駐車場に集合と言われて解散。どこの乗り合いバンもこの駐車場を拠点にしているようです。

 

3.美しさと異様さが混在する絶景

ウシュグリ村を訪れた時、雲一つない快晴!青空だと景色が映えるので同じような写真を何枚も撮ってしまいました。写真ばかりなのですが、お付き合いください。

まずはウシュグリ村の中を通って、大コーカサス山脈の雪山の方へ。

村には牛や豚、犬があちらこちらにいます。

遠くにの芝生には放し飼いの牛。

少しだけ小高い丘を越えると奥にそびえ立つのはジョージア最高峰のシハラ山(5200m)。ゴツゴツした雪山は格好いい。

ウシュグリ村 秘境 ジョージア 絶景

さらに山脈の方へ歩いていくと小さな川。川沿いにずっと奥までトレッキングをすることが出来ます。ここで山を見ながら持参したご飯でランチタイム。天気が良くピクニック日和です。

丘から見た集落。山脈の反対側です。メスティアの町と同様に「復讐の塔」が沢山立っています。

9世紀~12世紀、この地域には「自分の家族が殺されたり危害を受けたりした場合は相手やその家族に復讐を果たすことができる」という「血の掟」がありました。立て籠もって「復讐」から身を守るために造られたのがこの塔です。

ちなみに血生臭い歴史ではありますが、これらの歴史的建造物群と文化的景観からメスティアを中心とするスヴァネティ地方は世界遺産に登録されています。

 

ウシュグリ村 秘境 ジョージア 絶景

ウシュグリ村の丘にあるのがラマリア教会。背後にそびえるハラ山が素敵です。本当に格好良い。日本にいるとあまり馴染みがないためか、雪山は本当に見ていて飽きないなぁと感じます。

内部はカバンの持ち込み禁止なので、入口において中へ入ります。内部には美しいフレスコ画。

本当に青空に恵まれた1日でした。

ウシュグリ村内を散策。長閑な良い場所です。

 

そして、村の入口側にある丘へ。

ウシュグリ村 秘境 ジョージア 絶景

ウシュグリ村 秘境 ジョージア 絶景

シハラ山とウシュグリ村の集落を一望できるスポットです。

青空と雄大なシハラ山、そして素朴なウシュグリ村の絶景。ただ、村にはこの地域特有の「復讐の塔」がニョキニョキと立ち並んでいます。

自分と家族の身を守るために1家に1台造られた「復讐の塔」。ウシュグリ村自体はまさに絶景なのですが、その歴史と当時の様子を想像すると、どこか異様な光景にも感じました。

それでもやっぱり景色が最高!ジョージアで訪れた場所の中で一番の絶景スポットでした。ウシュグリ村は小さな村なのですが、ぼーっと景色を眺める時間や散歩が楽しくて、自由時間の4時間経つのはあっという間でした。

ウシュグリ村のメインの集落の反対側にも塔と民家。

村にある塔の多くは鍵が掛けてあり、中に入れないようになっていました。

ウシュグリ村は、アクセスが非常に悪い秘境ですが、凄くオススメの場所です。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント