【アルメニア】美しいセバン湖のセバナバンクへ一番簡単な行き方

アルメニア
この記事は約5分で読めます。
世界一周ブログランキングこっそりと参加中。もしよろしければクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ジョージアの首都・トビリシからアルメニアの首都・エレバンにやってきました。エレバン近郊には見どころが沢山!なのですが、四方に散らばっているため、毎回マルシュルートカに乗って行く必要があります。

エレバンに着いた翌日、まずは北東方面にあるセバン湖(セヴァン湖)と、北方面のハンカヴァン温泉に行くことにしました。

天気が良いということもあり、セバン湖は絶景!雰囲気も景色もすべてが良い場所でした。

まずはセバン湖をご紹介します。

【場所】エレバン
【移動日】2019年9月4日
【気温】最高30℃ 最低16℃
【通貨】100ドラム≒22.6円

1.セバン湖とは

エレバンの北東60km、ゲガルクニク地方にあるコーカサス最大の湖。海抜1,900mにあり、世界で最も高地にある巨大湖の一つです。その美しさから「アルメニアの真珠」ともよばれているそう。

1940年以前はこのセバン湖にセバン島と呼ばれる島があったのですが、現在は水位の低下により半島になっています。(旧ソ連時代の灌漑利用の影響。)

その半島に建つのが9世紀のセバン修道院跡。教会は「セバナバンク」とも呼ばれています。

 

2.セバン湖への行き方

2-1.行き方は2通り

市内からセバン湖行きのマルシュルートカ(乗り合いバス)が出ています。

➊北バスターミナルからマルシュに乗る
➋地下鉄・Yeritasardakan駅からマルシュに乗る

エレバン市内の北に約10kmの場所に位置する➊北バスターミナルから行くのが一番有名な行き方。殆どの方は北バスターミナルを利用していると思います。

しかし、宿泊したホテルのオーナー情報で、エレバン中心部にあるメトロ駅・Yeritasardakan駅にもセバン湖行きのマルシュがあることが分かりました。バスに乗る必要がなく徒歩でも(またはメトロに乗って)行くことが出来る場所なので、➋の方法が一番楽だと思います。

マルシュは7時頃~17時頃まで運行しているようです。

↑北バスターミナル。

↑地下鉄(メトロ)・Yeritasardakan駅



 

2-2.実際の移動とセバン湖

まずは、Yeritasardakan駅前に移動します。市内中心部のホテルの場合十分徒歩圏内。メトロを利用する場合も一律100ドラム(=22円)と格安です。(ICカードはないため、現金で支払うことが可能です。)

Yeritasardakan駅。

Isahakyan street沿いにYeritasardakan駅があります。セバン行きのマルシュは道路を挟んで駅の反対側、すぐ目の前です。

「セバン?」と聞くと教えてくれます。セバンの町まで600ドラム(=135円)。通常はセバンの町までしか行かないのですが、「セバナバンク」へ行きたいと伝えると、1,000ドラム(=226円)で連れて行ってくれました。

セバンまでの料金は北バスターミナルと一緒。セバナバンクまでの料金は北バスターミナルの場合800ドラムらしいのですこし割高。ただし、運転手の裁量によると思われます。

また、セバンの町からセバナバンクのある半島は7km以上離れており、へタクシーで行く場合は1,000ドラム~2,000ドラムかかります。

 

10時頃マルシュに乗り、10時20分乗客がある程度集まってからYeritasardakan駅を出発しました。11時40分、約1時間20分でセバナバンクに到着。

駐車場まで歩いていきます。奥にある建物の左側の階段を上ります。

途中には土産屋。

そしてあっという間にセバナバンクに到着。

エレバンは暑かったのですが、セバンは標高1900mというだけあって、想像していたよりも涼しいです。半袖で丁度良いか少し涼しいかな、というぐらい。風が心地よく、この時点で既にセバン湖が好きになりそうな予感!

そして教会が2つ。

とんがり屋根がすごく可愛い!そして天気が良いので写真が映えます。

教会は中に入ることが出来ます。ただし、タンクトップや短パンはNG。

教会の敷地内には十字架石(ハチュカル)が沢山。Khachkar(ハチュカル)はアルメニア正教を代表するもので、「Khach」が「十字架」、「Kar」が石を意味するそうです。アルメニア正教会に行けば必ず見ることが出来ます。

正面には小さな祭壇。

この教会では、この絵の下にあるハチュカルが有名なようです。

教会のさらに奥からの眺め。丘のようになっています。

奥にもハチュカル。

そしてセバン湖とセバン教会。素敵ー!!

今は陸続きですが、昔は半島ではなく島。孤絶した修道院でした。

反対側。まるで海のよう。青い綺麗な湖です。

海水浴ならぬ湖水浴もできます。アルメニアは海がないので、この湖はアルメニア人にとって重要な憩いの場なんですね。

ただ標高が高いため水は冷たく、泳ぐのは大変そうでした…。

 

半島自体は大きくないのですが、写真を撮ったり歩き回ったりしていると、いつのまにか2時間弱滞在していました。

セバン湖に浮かぶセバナバンクの雰囲気、凄く好みです。日帰りなのが勿体ない。1泊2日湖畔に宿泊して、何もせず、ぼーっとゆっくり滞在したいと感じる素敵な場所でした。

私はこのあと、ハンカヴァン温泉に寄りました。エレバンに帰る場合、セバナバンクからマルシュはないので、タクシーに乗ってセバンの町に行く必要があります。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。次回は、鉄さび色の極上温泉、ハンカヴァン温泉です。

コメント