【イラン】仮面の街・バンダレアッバースへ夜行列車の旅

イラン
この記事は約5分で読めます。
世界一周ブログランキングこっそりと参加中。もしよろしければクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ヤズドからイランの南にある街・バンダレアッバースへ夜行列車で向かいます。本来は予定していなかったのですが、伝統的な仮面をつけた女性に会うことができるということで行ってみました。

バンダレアッバースにはケシュム島へ行くために1泊したのみなので、サクッと、バンダレアッバースへの行き方仮面の街・ミナブへの行き方バンダレアッバースの安宿をご紹介します。

【場所】バンダレアッバース
【滞在日】2019年8月9日~8月10日
【通貨】1$=42,000リアル(公定レート)1$=117,500リアル(闇両替レート)1$=108.5円
※イランには2種類の通貨があります。紙幣はリアル。店舗での記載は基本的にトマン。10リアル=1トマンです。

1.ヤズドからバンダレアッバースへの行き方

今回、ヤズド~バンダレアッバース間は鉄道が通ってるため、夜行列車で行きました。イランは夜行バスも比較的快適ですが、フルフラットになる夜行列車の方が圧倒的に快適!値段も高くはありませんでした。

イランの列車はこちらの非公式サイトで料金・時間を検索・予約することが可能なので凄く便利です。英語対応。公式サイトはペルシャ語で、尚且つ日本のクレジットカードでは予約できません。

非公式サイトなので、空席0でも直接駅に行くとチケットを購入できることがあります(今回がそのパターン。宿の人に公式サイトで空席状況を調べて貰った後、駅で直接購入しました)。

ヤズド駅。中心部~ヤズド駅までsnappアプリで45,000リアル。夕方よりも夜の方が安かったです。

正面左側がチケット売り場。チケットは前日に購入。690,000リアル(=636円)。夜行バスと大して値段が変わりません。

入口ではパスポートチェックあり。駅構内は撮影禁止といわれました。

20時50分発の予定が3時間の遅延があり、結局23時50分に出発しました。(現地人によると大幅遅延は珍しいらしい。)

中国の寝台列車と同じような3段ベッド。大きな荷物は一番上へ。

フルフラットなので、夜行バスよりも快眠でした。ただ、掛布団は薄いシーツのみ。冷房が効いているため若干寒いです。次回乗るときは、寝袋を出して寝ると思います。

また、中段は座ることが出来ない狭さでした。

日中は2段目のベッドを倒して、座席に変わります。

夜行バス同様、水や軽食が付いてきました。

遅延の影響があり、9時ごろ到着する予定が、12時にバンダレアッバース駅に到着。

 

到着して外に出た瞬間熱気がすごい!!人生最大の熱風を感じました。

それもそのはず、バンダレアッバースは海辺の街なので湿度が高い。その日の天気予報では「湿度80% 体感温度50度」と記載されています。気温は38℃くらいなのに、サウナのような暑さでした。日本は湿度が高いと言いますが、比べ物になりません。本当にサウナです。外にいるだけで汗がジワジワと出てきます。

ホテル(冷房空間)から外に出た時は、熱気と湿気により、一瞬でカメラとメガネが曇りました。初体験。ただ、暑すぎて街歩きする気力がなかなか湧きません…。

ちなみにバンダレアッバースではsnappでタクシー配車することが出来ません。駅から市内までも遠いため、駅のタクシーを利用しました。港まで150,000リアル。定額制で値段が掲示されているため、ぼられることはないけど、snappの約2倍の価格です。



 

2.仮面の女性がいる街・ミナブ

バンダレアッバースなどペルシア湾沿いの街には、伝統的な仮面をつけた女性・バンダリーがいます。これは、アラビア半島のイスラムの風習が伝わったものといわれており、日除けなど色々な説があるそうです。

列車で同室のイラン人に、仮面の女性に会いたいということを伝えると、基本的にはどこでも会うことが出来るとのこと。ただし、バザールによく現れるのですが、私が訪れたのは金曜日。イランは、基本的に金曜日にはバザールを含め多くの店が営業していません。

↑Google画像検索より拝借。

 

↑ケシュム島での隠し撮り。

では、どこに行けば会うことが出来るのか。「どこで会える?」と聞いたときに現地人が口を揃えて言うのは「ミナブ(Minab)」という町。バンダレアッバースから東に約1時間車で行った場所にある街です。この街に仮面をつけた女性、バンダリーが多く住んでいるんだそう。

そして、彼女たちを見るのにちょうど良い日が木曜日。ミナブの街では、毎週木曜日マーケットが開かれるためそれに多くの女性が集まるそうです。

バンダレアッバースからミナブへはシェアタクシーで片道200,000リアル程度。maps.meで「bazar nyly」か、「Otou Taj」というバス乗り場で乗ることが出来るそうです。

結果的には、バンダレアッバースで数人の仮面をつけた女性見かけたり、今からいくゲシュム島でも多くの女性を見かけることが出来ると聞いたり、金曜日ということでタイミングが合わなかったということもあり、ミナブの街には行っておりません。

乗り場は現地人からの情報なので正確かは分かりませんが、今後行く方の参考になればと思います。

 

2.バンダレアッバースの安宿

バンダレアッバースには安宿が少ないことでも有名。現地人に聞いた安宿はどこも100,000リアル以上したため、事前に調べていた宿に決めました。

KOWSAR HOTEL。個室ツインで800,000リアル(=約7$)。オフシーズン価格です。オンシーズンは10$以上だった気がします。

中心部で港近くにあり、島へ行くにも便利な場所です。

後日まとめて安宿情報をまとめますが、Wifiは速度はぼちぼち。シャワートイレは共用だけど温水・湯量完璧、全体的に清潔感があり良い宿でした。

↓場所はmaps.meに「hotel kosar」と掲載。Google mapに掲載なし。下記マーケットのすぐ西側です。

 

次回は、大自然に圧倒されたケシュム島です。ケシュム島は面白い地形の宝庫!あまり多くの人が訪れない島ですが、イランで予想外に良かった場所No.1!凄くオススメしたい場所です。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント