【マレーシア周遊まとめ】ルート、費用、日数、安宿、ブログ

マレーシア
この記事は約5分で読めます。
世界一周ブログランキングこっそりと参加中。もしよろしければクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

世界一周3ヵ国目マレーシアの総まとめです。

滞在日数・行程表・ルート

滞在都市:ペナン島(ジョージタウン)・イポー・マラッカ

滞在日数:2019/4/29~5/4 6日間

行程表・ルート:

1日目 タイ・カオラック→ペナン島へ12時間のバス移動

2日目 ペナン島観光

【マレーシア】世界遺産ペナン島の壁画アートを巡る

3日目 午前:ペナン島観光、午後:ペナン島→イポーへ移動(フェリー+バス)

【マレーシア】ペナン島~イポー市内へのバス移動方法

4日目 イポー観光

【マレーシア】美食の街イポーで食べ歩き

5日目 午後:イポー→マラッカへ移動(バス)、マラッカ観光

【マレーシア】赤が美しい古都マラッカは街歩きが楽しい

6日目 マラッカ観光、夕方:マラッカ→シンガポール移動(バス)

シンガポール発の航空券を既に購入していたため、6日間という短期間での縦断になりました。大都会のクアラルンプールは通過して、ペナン島・イポー・マラッカの3つの街に絞った観光となりましたが、どの街も素敵で好きになりました。特に気に入ったのはイポーで、もう数日滞在していたかったくらい。

また、マレーシアに着いてから調べてみると、マレーシア国内に天然温泉が複数あったようです。次回はマレーシアで温泉旅行も良いなぁ、とも考えてしまいます。



マレーシア滞在費用

総費用:9,626円(キャッシング手数料など除く)

滞在日数:実質5日間

1日平均:1,929円

通貨:1リンギット=26.53円


食費 4,022円
交通費 2,295円
宿泊費 2,063円
観光費 513円
その他雑費 733円

2019.5現在、マレーシアははビザ不要です。

マレーシアは宿代も、交通費も食費もすべてが安い!実際にはチキンライスやハンバーガーなど少しお高めでしたが、交通費が他の国と比べて圧倒的な安さだったので、1日平均2000円以内に収まりました。

食費 4,022円

1日平均804円

マレーシア料理、というよりも各国の料理、といった印象。

泊まった宿のお兄さんは「マレー料理は特徴がないからあまり好きじゃない」と言っていましたが、マレーシアは多民族国家なのでレストラン・屋台は多彩で様々な料理がある、まさにグルメ天国でした。

マレーシア旅行を終えて2週間たった今、イポーのチキンが美味しかったなぁ、と少し恋しいです。

バナナの葉に包まれた持ち帰り用のナシレマ。

朝食で頂いたナシレマ。どちらも激辛のサンバラソースがご飯によく合います。

汁無しラーメン、雲吞麺(ワンランミー)。特にワンタンが絶品。

イポーのチキンともやし。イポーはとにかく全部が美味しくて毎日沢山食べました。

イポーのプリン。

出来立てアツアツの豆花。

イポーのホワイトコーヒーとエッグタルト。エッグタルトは甘さ控えめでもう少し欲しくなる味。

マレーシア最終日は少し贅沢をしてオシャレなカフェでハンバーガー。

マラッカで食べたフライドオイスター。牡蠣。ペナン島でも有名なようです。

のっけ飯や屋台は安定の安さです。

交通費 2,295円

マレーシア国内の移動はバスを利用。マレーシアはタイと比較しても交通網が整備されているので長距離移動や安い上に凄く楽でした。

市内の移動もバスのみでタクシーやレンタルバイクを利用しなかったため安くなりました。観光地が中心地に集まっている街が多かったです。

利用した主な長距離バス
バターワース~イポー 17リンギット

イポー~マラッカ 34リンギット
マラッカ~シンガポール 25リンギット

長距離バスターミナル。綺麗です。

ペナン島~マレーシア本土(バターワース)の移動は無料のフェリー。

ペナン島内は無料循環バスがあるので便利。

宿泊費 2,063円

1日平均412円

ドミトリーに宿泊。

マレーシアは安くて宿のクオリティが高かったです。宿比較サイトで調べても、安宿の選択肢が多い印象。

観光費 513円

イポー歴史博物館10リンギットとマラッカ歴史博物館10リンギット。

 

その他雑費 733円

トイレで支払う代金と充電ケーブル。

iphoneの充電ケーブル1本を紛失してしまったため、残り1本に。充電できなくなった時が恐ろしいので予備に1本、ペナン島で購入しました。

ペナン島で一番大きいモール内の電気屋で購入。何種類かあったうちの少し良いものを購入したのですが・・・3日でご臨終。殆ど折り曲げていないのに、使い物にならなくなりました。

やはり日本製が一番良いな、と改めて実感。

まとめ

6日間のマレーシア縦断旅。沢木耕太郎さんの「深夜特急」 で描かれているマレー鉄道ではなく、簡単で安いバスでの移動となりました。

もともとペナン島ぐらいしか観光のイメージがなかったマレーシアなのですが、いざ訪れてみると日数が足りない!温泉や郊外の建物など訪れてみたい場所が沢山ありました。そして食事が安いので、気にすることなく食べることが出来るのが嬉しい。(ビールは高いけど・・・。)

どの都市も想像以上に都会。治安も良く、非常に旅行がしやすかったです。

 

次回シンガポールですが、物価が高すぎるのでサッと通り過ぎる予定です。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント