【イランeビザ申請方法】拒否後2回目の申請で承認された話

持ち物・手続き
この記事は約5分で読めます。
世界一周ブログランキングこっそりと参加中。もしよろしければクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

この旅中、絶対に行きたい国の1つだったイラン。ただし、イランビザはリジェクト(拒否)が多いということでも有名。私は今回、旅行会社を通さずに個人で電子ビザ(eVISA)申請し、1回目は拒否。2回目の申請で、ビザ発行されたので、ご紹介します。

【ビザ発行日】2019年7月1日

➊イランビザについて

今までは旅行会社を通して申請することが一般的でした。しかし、2018年10月23日から電子ビザ(eVISA)を自分で申請することにより、旅行会社を通さなくてもビザ発行できるようになりました!

ただし、イランビザはリジェクト(拒否)が多い!実際にキルギス・ビシュケク滞在中も、リジェクトされている人に多く出会いました。感覚的には、旅行会社を通したから発行率が上がるわけではなさそう…。そのため、余分なお金を払わないためにも、電子ビザは個人申請することをオススメします。

リジェクトされる原因として多いのは、証明写真の影や書類の不備などと言われていますが、イランの場合、リジェクトされる理由は全くの不明!完璧にも関わらずリジェクトされた!という人も多く、ビシュケクの宿では「有難みを持たせるためなんじゃないか…」なんて話もしました。

 

➋イラン電子ビザ発行の流れ

インターネット上で電子ビザ申請
受理後イラン大使館でビザ代支払い&ビザ受け取り

という流れです。「電子ビザ」という名前ですが他の国と違い、大使館にビザを受け取りに行く必要があります。

 

準備するもの
電子ビザ申請時
3×4cmの証明写真のJPEGファイル(女性はヒジャブ着用が望ましい)
パスポートコピーのJPEGファイル

電子ビザ受け取り時
ビザ申請後に発行されたapplicationのコピー(携帯の画面は不可)
海外旅行保険証のコピー(または保険付帯のクレジットカード)
ビザ代20€(キルギスソムでの支払いも可能)
パスポート

申請時にお金は掛かりません。証明写真はヒジャブ(髪と肌を隠す布)がなくても受理されたという女性もいましたが、私は2回目の申請の際はリジェクトされる要素を一つでも無くすため、髪を隠した写真にしました。

 

❸実際の電子ビザの記入方法

電子visa申請フォームはこちら。質問事項に英語で記入。

下記は記入例です。(私の場合)

↑Place of issue はビザを受け取る国・地域です。

↑職業欄、1度目の申請はDoctor、2度目の申請はoffice workerにしました。

↑zip codeは空欄。ホテルの電話番号・住所はテヘランのホテルを適当に調べて記入しました。

↑滞在期間は29日にしました→この期間が実際の滞在可能期間となります。

エントリータイプはsingle/double。私は1回の訪問のみなのでシングルを選択。緊急発行の場合はビザ代+50%です。入国予定日は正確でなくても構いません。実際には、発行日(大使館訪問日)から90日間有効です。

 

記入完了後、+1ステップあるので注意。登録したメールアドレスに送られてくるコードとセキュリティーコードを入力し、申請完了です。

 

申請完了直前と後、メールは2通送られます。

このメールが来れば申請完了。

無事にビザが発行されたら、メールアドレスに送られてくる2通目に添付されたPDFをコピーして、大使館に持って行きましょう。

 

私の場合、1回目の申請は、6月18日(火)申請→6月23日(日)にリジェクトメールと土日を挟んだため5日掛かり、2回目の申請は6月24日(月)申請→6月26日(水)承認メールと僅か2日で届きました。

 

1回目→2回目の申請の変更点
髪を隠した
写真屋で撮影しなおした
パスポートPDFを携帯撮影からコピー機読み取りにした
職業欄をdoctor→office workerにした

の4点です。2回目で発行されたのは、変更したお陰かもしれないし、ただの運かもしれないし…分かりません。



 

❹イラン大使館でビザ受け取り

私はビシュケク受け取りにしました。

持参するもの
ビザ申請後に発行されたapplicationのコピー(携帯の画面は不可)
海外旅行保険証のコピー(または保険付帯のクレジットカード)
ビザ代20€(キルギスソムでの支払いも可能)
パスポート

9時半にイラン大使館到着。(実際にはすぐ南にある左右に伸びる大通り沿いです。BTA BANKの目の前。)

パスポートとapplicationシートを提出すると、銀行の住所が書かれた紙を渡されます。歩いて指定されたパキスタン銀行へ

受付でイランビザの支払い20€と伝えると奥へ案内されて支払い。手持ちの€がないため、銀行レートでソム払い。全く混雑しておらずスムーズでした。(クレジット払い不可。)

大使館に戻った後は海外旅行保険証のコピー(私はクレジットカード)、パスポート、銀行の領収書、applicationシートを提出。

モノクロの電子ビザのコピーを手渡されて手続き終了しました。イラン入国時にこの電子ビザコピーが必要です。

 

ちなみに、トルクメニスタンビザ申請の際には出国先の国のビザコピーが必要です。後々送られてくるメールのPDFをカラーコピーしました。

空港でのアライバルビザが60€掛かるのに対し、電子ビザは僅か20€。非常に格安です。

これから電子ビザ申請する方の参考になれば、そして1度リジェクトされた方の希望になれば嬉しいです。本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント