【アルメニア】黄金色のハンカヴァン温泉はオススメ!個室で満喫!

アルメニア
この記事は約5分で読めます。
世界一周ブログランキングこっそりと参加中。もしよろしければクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

アルメニアの首都・エレバンから85km北にハンカヴァン(Hankavan)という村があります。この村で有名なのは温泉!!天然ハンカヴァン温泉です。しかも鉄を大量に含んでおり、黄金色の温泉とのこと。

トビリシ~エレバン間のマルシュで知り合った日本人の女の子と2人で、セバン湖のセバナバンクの後、ハンカヴァン温泉へ行ってきたのでご紹介します。エレバンから日帰りで行くことが出来る、地元民に人気の雰囲気の良い温泉でした。

【場所】ハンカヴァン
【移動日】2019年9月4日
【気温】最高30℃ 最低16℃
【通貨】100ドラム≒22.6円

 

1.ハンカヴァン(Hankavan)とは

アルメニアの首都・エレバンから北に50kmの場所に位置する山間の村。谷に流れるMarmarik川沿いに温泉が多数湧き出ており、ナトリウムやマグネシウムなどのミネラルが豊富。特に鉄の含有量が多いため、見た目は黄金色の温泉です。

村には今回訪れた、個室が沢山ある温泉施設以外にもNairi Spa Resortsなどの温泉付き宿泊施設もあります。

ハンカヴァン温泉 hankavan ハンカバン温泉

 

2.ハンカヴァン温泉への行き方

エレバンから直接車で行く場合は、約80km、1時間20分程です。直通のマルシュがあるそうなのですが、利用していません。(便は少なそうです。) 今回は、エレバン→セバン湖→ハンカヴァン→エレバンというルートで行きました。

セバン湖からマルシュは出ておらず、山間ということでアクセスが悪いためヒッチハイクで向かいました。(アルメニア人は超親切。郊外でのヒッチハイクは簡単。そして治安も良いので日中であれば問題ないと思われます。)

実際の移動としては、

①セバナバンクからエレバンに帰る地元民にHrazdan方面への分岐点まで送ってもらい(M4)そこで下車

②歩いてHrazdan方面の道に行き、Hrazdanの西にある町・Tsaghkadzorの町との分岐点で下車。

交差点のケバブ屋でランチ。1本800ドラム。ナンの中にケバブ1本丸々入っているのでボリューミーかつ美味しい。

③その交差点からハンカヴァン温泉に行く家族に乗せてもらう

というスムーズな移動でした。13時過ぎにセバナバンクを出発し、15時にハンカヴァン到着です。アルメニアでヒッチハイクをして感じたことは、アルメニア人はとにかく親切!ということ。1回目は1台目で乗せてもらい、それ以外も数台以内で乗せてもらうことが出来ました。



 

3.ハンカヴァン温泉

3-1.ハンカヴァン温泉の場所・料金

ハンカヴァンの村にはホテルを含め、温泉施設が複数あります。今回私たちが訪れたのはココ。Google map上では「Thermal water baths」、maps.me上では「thermal water pool」と記載されています。

値段は1部屋30分2,500ドラム(=565円)。1時間の場合は5,000ドラム。人数は関係ありません。湯船は全部tで6つ。沢山ありますが、アルメニア人に人気の様で、入浴前後ともに半分の部屋は埋まっていました。

温泉施設。個室が複数あります。おじさんのすぐ右側が受付。

温泉施設の隣には喫茶店。

駐車場。

喫茶店で飲み物を注文して各個室に持ってきてもらうことも出来ます。

湯船から流れ出た黄金色のお湯はそのまま川へ。湧出量が多い。

 

3-2.ハンカヴァン温泉を満喫しよう

なんと、ハンカヴァン温泉まで乗せてくれた家族が受付で申し込みをする際に、2部屋分料金を支払ってくれていました。何から何までお世話になりっぱなし…。

私たちが案内されたのはこちら。

ハンカヴァン温泉 hankavan ハンカバン温泉

壁には日本の銭湯にあるようなペンキ絵!どこか懐かしい雰囲気。洗い場はありません。

ハンカヴァン温泉 hankavan ハンカバン温泉

しっかりとした黄金色の温泉です!硫黄臭はなく、僅かに鉄の香りがします。

お湯が常時ドバドバ!そして広い!!10人は入れるのではないかという大きな浴槽。そして立ち湯スタイル!浴槽は深いです。実際に入ってみると39℃ぐらいの少し温めのお湯。ただ、20分も浸かっていると十分体の芯から熱くなります。

秋になり始めの気温なので温泉が最高に気持ちよかったです。やっぱり幸せ。しかも日本人女の子2人なので、水着を着ることなく入ることが出来ました。裸の日本スタイルが落ち着きます。

四方は壁で囲まれていますが、空が見える露天風呂。夜に入る温泉は星空が綺麗に見ることが出来て最高だろうなと思います。

奥には脱衣所と休憩スペース。メニュー表がありドリンクを注文できます。ビールなど持ち寄って入浴するのも最高ですね。

他の部屋はこんな感じ。大体同じような造りです。

 

今回入浴時間は30分だったのですが、十分満喫することが出来ました。30分経つ前に部屋を出たのですが、アルメニア人家族は30分経過後もゆっくりと満喫していました。日本人が時間に厳格すぎるんですね。

温泉からあがった後は、受付のおじちゃんが喫茶店で紅茶と牛乳をサービス。

 

そして、この日はアルメニア人の長女マリアムの誕生日。家族が夜ご飯にもご招待してくれたので、温泉がある川沿いのテーブルで早めの夜ご飯です。

左上から時計回りに卵・トマト・ハーブの炒め物、これが美味しい!そしてポテト、ケバブ(アルメニアではホロヴァッツとも呼びます)、グリルしたトマトとナス。

左下のラバッシュ(薄いナンようなパン)にケバブなどを巻いて食べます。。

一緒にセバン湖、ハンカヴァン温泉に行ってくれた日本人の子の顔は一応隠しておきます。

さらに温泉の受付のおじさんがまた、大量の蜂蜜を持ってきてくれました。見た目は悪いですが、ハチの巣ごと頂きます。美味しい。コッテリしていなくて蜂蜜だけでも食べれてしまいました。

 

夕食後は、家族と一緒にエレバン市内へ。帰り際に「家に来る?」と招待もされたのですが、移動で疲れていたので、今回はそのまま帰宅。この優しさ、家に招待をしてくれる感じ、なんだかイラン人を思い出しました。

久々に温泉で癒された良い1日でした。ハンカヴァン温泉、アクセスは悪いですが雰囲気もお湯も凄くオススメです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント