【クレジットカード】世界一周で利用するオススメ3選+α

持ち物・手続き
この記事は約8分で読めます。
世界一周ブログランキングこっそりと参加中。もしよろしければクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

こんにちは。出国日まで残り1週間となってしまいました。荷造りを急ピッチですすめております。

今日は、私が世界一周で利用するクレジットカードについてご紹介します。個人的に結構調べた結果なので、これからクレジットカードを作成する人の参考になれば嬉しいです。

オススメのクレジットカードまとめ

誰にでもお勧めしたいカードは、以下3つです。

以下、詳しく説明していきます。

オススメ➊セディナカード

キャッシング利用がお得!

海外では現地通貨が必要です。日本円から現地通貨に両替するには手数料が必要となりますが、一番安い方法がキャッシング(現地でのATM引き出し)です。

外貨両替を行う場合、手数料は様々ですが3%だったり5%だったり場合によっては10%だったり・・・。しかしセディナカードの場合トータル手数料は0.3%程度になるそう。圧倒的に手数料がお得なカードなのです。

おすすめポイント
・年会費無料
・海外キャッシング時のATM利用手数料無料
・海外キャッシングの繰り上げ返済がネットで可能

通常、海外ATMでキャッシングを行うと1回毎に数百円の手数料をとられます。セディナカードはそのATM利用手数料が無料!

さらに、キャッシングをする場合は通常、返済までの日数によって手数料が掛かります。殆どのクレジットカードでは、その月のカード締め日が来て銀行引落し額が決まってから返済されるため、利息が20日程度かかります。しかしセディナカードの場合、ネットで繰り上げ返済が可能なため、為替レートが明細に反映される4日程度が利息となるのです。

繰り上げ返済可能なクレジットカードは他にもありますが、ほかのカードでは繰り上げ返済をするために、カード会社への電話連絡が必要。海外からの国際電話は電話料金が掛かってしまいます。しかし、ネットから繰り上げ返済できる返済できるので非常に簡単で無料です。

また、ATMでの引き落としごとに手数料が掛からないので、1回で余分にお金をおろす必要がなく、リスク回避にもつながります。こまめに海外キャッシングができる安心感は嬉しいです。

私もキャッシング利用のメインクレジットカードとして海外に持って行く予定です。

公式HPセディナカードを詳しく見る

 

オススメ➋楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード公式サイト

プライオリティパスで空港プレミアムラウンジ利用がお得!

楽天プレミアムカードの一番の利点は、プライオリティ・パスによって世界各国の空港ラウンジを無料で利用できることです。プライオリティ・パスだけで年会費の1万円分の価値があります。

プライオリティパスとは、世界120カ国400以上の都市や地域で、900カ所以上の空港ラウンジが自由に利用できる会員制サービスです。楽天プレミアムカード会員は、プライオリティ・パス会員カードの発行を無料で申し込むことが出来ます。

このカードのついているプライオリティ・パスはその中でも最高位の「プレステージ会員」で本来であれば年会費399ドルもかかります。

空港ラウンジでは無料でドリンクや食事、インターネット、シャワーなど自由に利用でき、日本の空港ラウンジと比べても圧倒的に豪華です。その空港ラウンジを無料で何回でも利用することが出来ます!海外旅行や海外出張が頻繁にある方にとっては非常にお得なカードなのです。

空港ラウンジのリストはこちら

おすすめポイント
・年会費10500円でプライオリティ・パスが無料で付いてくる
(900カ所以上の空港ラウンジを無料で利用可能)
・国内の空港ラウンジも利用可能
・海外旅行保険が自動付帯

海外旅行保険は自動付帯で、出国から3ヵ月有効です。

傷害・疾病治療費:300万円
携帯品損害:30万円
賠償責任:3000万円
救援者費用:200万円
キャッシュレス診療:〇

海外旅行保険をこのカードだけで補う場合、ロストバゲージ保険や空港便遅延保険がないため注意が必要です。

※以前は、海外キャッシングをした場合強制リボ払いだっため利用しにくいカードでしたが、2017年11月から変更され、強制リボ払いではなくなりました。

公式HP楽天プレミアムカードを詳しく見る 

新規入会&利用で10000ポイント貰えるキャンペーンを頻繁にしています。

 

飛行機を頻繁に利用しない方は無料の楽天カードで十分だと思います。

オススメ❸エポスカード


EPOSカード公式サイト

海外旅行保険がお得!

エポスカードは年会費無料で海外旅行保険の補償額が他のカードと比較して充実しています。

おすすめポイント
・年会費無料
・海外旅行保険が充実
・海外旅行保険が自動付帯
・即日発行

海外旅行保険で一番利用する可能性が高いのは傷害・疾病治療費用です。とくに一番重要な疾病治療費(病気1回ごとの治療費)が最高270万円と無料クレジットカードの中では断トツです。

上記の楽天プレミアムカード(疾病治療費300万円)と比較しても、有料クレジットカード程ではないものの、補償が手厚いことが分かります。

海外旅行保険は自動付帯で、出国から3ヵ月有効です。

傷害・疾病治療費:200/270万円
携帯品損害:20万円
賠償責任:2000万円
救援者費用:100万円
キャッシュレス診療:〇

私の場合、出国後最初の3ヵ月は楽天プレミアムカード+エポスカードの保険を利用する予定です。保険のみの利用のため、クレジットカード自体は日本に置いていきます。

公式HPエポスカードを詳しく見る 

EPOSカード

 

海外旅行保険利用付帯のクレジットカード

クレジットカード付帯保険は、どのカードも保険補償期間が最大90日と短期間です。しかし、実はクレジット付帯保険は継ぎ足しで利用して保険期間を延ばすことが可能です。

詳しくは下のページの ➋クレジットカード付帯保険で補う」 という項目でご紹介しています。

出国時から自動的に保険利用できるカードが「自動付帯カード」と呼ばれるのに対し、利用条件(旅行中の交通費をクレジットカード払い)を満たせば保険利用できるカードは「利用付帯カード」と呼ばれています。

上でも紹介していますが、私の場合、利用付帯カードが6つ必要になりました。

年会費無料の利用付帯カードは多くありません。そこで、私が今回の世界一周で利用する利用付帯のクレジットカードをご紹介します。

オススメ❹リクルートカード


リクルートカード公式HP

リクルートカードはエポスカード程ではないですが、海外旅行保険の補償が充実しているカードです。

おすすめポイント
・年会費無料
・海外旅行保険が充実
・海外旅行保険が利用付帯
・高還元率1.2%

1人につき2枚(JCB+Mastercard/VISA)まで発行できます。また、家族カードも発行できるため、私はリクルートカードを4枚利用します。

一部は自宅に保管し、航空券やバスチケットなどネット予約で利用する予定です。

傷害・疾病治療費:100万円
携帯品損害:20万円
賠償責任:2000万円
救援者費用:100万円
キャッシュレス診療:〇

公式HPリクルートカードを詳しく見る リクルートカード_PC

 

オススメ❺JCB CARD ワイド


JCB CARD ワイド公式HP

39歳以下限定で、年会費無料で入会できるクレジットカードです。

おすすめポイント
・年会費無料
・海外旅行保険が利用付帯

利用付帯で保険期間は90日です。

傷害・疾病治療費:100万円
携帯品損害:20万円
賠償責任:2000万円
救援者費用:100万円
キャッシュレス診療:〇

JCBカードは海外で利用できないことが多いので、こちらも自宅に保管します。航空券やバスチケットなどネット予約で利用する予定です。

公式HPJCB CARD ワイドを詳しく見る 

 

オススメ❻ベルメゾンカード

海外旅行保険はVISAのみです。JCBカードでは海外旅行保険を利用することが出来ません。

おすすめポイント
・年会費無料
・海外旅行保険が利用付帯
海外旅行保険の補償は、他のクレジットカードと比較して手薄です。治療費が十分ではありません。私と同じように携帯品損害のみ利用したいという方であればオススメですが、治療費も賄いたいという方は、エポスカードなど他の無料クレジットカードをオススメします。
利用付帯で保険期間は90日です。

傷害・疾病治療費:50万円
携帯品損害:15万円
賠償責任:2000万円
救援者費用:100万円
キャッシュレス診療:〇

公式HPベルメゾンカードを詳しく見る 

 

まとめ

以上海外旅行や世界一周旅行におけるクレジットカードのご紹介でした。

誰にでもお勧めしたいのは、セディナカード、楽天プレミアカード、エポスカードです。楽天プレミアムカード以外は永年年会費無料です。審査面から、クレジットカードは1ヵ月に大量発行することが難しいので、計画的な発行・利用をお勧めします。

ちなみに海外旅行保険についても書きましたが、クレジットカードの保険はおまけ程度の利用の利用予定です。私はメインにはグローブパートナーという保険会社を利用します。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント