【ベトナム】長距離移動まとめとオープンチケットとの比較

ベトナム
この記事は約7分で読めます。
世界一周ブログランキングこっそりと参加中。もしよろしければクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ベトナムは南北に長く、長距離バスが多く存在します。列車や飛行機よりも格安で、寝台バスも快適なので、ベトナムでの両距離移動は主にバスを利用しました。

最近では便利なオープンツアーバスもありますが、私は個別にチケットを購入したので、それぞれの会社の費用や所要時間、乗車場所などまとめます。

また、ベトナム縦断をオープンツアーバスチケット購入した場合と、今回のような個別購入した場合での料金を比較してみました。今後ベトナム縦断を考えている人の参考になれば嬉しいです。

また結論としては、他のバス会社と比較して、評判通りシンツーリストの安全運転・安心感を強く感じました。

【通貨】10,000ドン=46.5円

ベトナム縦断の移動方法まとめ

➊ホーチミンからダラットへ

会社:シンツーリスト
料金:179,000ドン
時間:21時30分集合 22時出発~4時50分着(6時間50分)
乗車場所:シンツーリストオフィス
下車場所:Cong Ty Co Phan バスターミナル?ダラット入場近く

ベトナム人にも外国人にも人気のシンツーリスト。Wi-Fiあり3列シートの寝台バス。160度フラットぐらい。ダラットが高地なので寒いかと思い寝袋を用意していたが、不要だった。しっかりと爆睡。

 

➋ダラットからホイアンへ

会社:(ホテルで予約)
料金:300,000ドン
時間:16時ピックアップ(13時間) 朝1時にご飯休憩。
乗車場所:宿へピックアップ
下車場所:ホイアンバスターミナル(Ben xe Hoi An Nguyen Tat Thanh)

Wi-Fiあり(遅い)3列シート。途中で業者の荷物のピックアップあり。運転が荒く、少し酔った。クラクションが多く、クラクションと急ブレーキで何回か目が覚めてしまった。

 

❸ホイアンからダナンへ

ローカルバス
料金:20,000ドン(+荷物代として5,000ドンとられる)
所要時間:1時間
乗車場所:ホイアンバスターミナル(Ben xe Hoi An Nguyen Tat Thanh)
下車場所:ダナン駅付近(乗務員に伝えると教えてくれる。)

 

❹ダナンからフエへ

ベトナム統一列車
料金:81,000ドン(soft seat A/C)
所要時間:2時間30分
乗車場所:ダナン駅
下車場所:フエ駅

チケットは当日駅で直接購入。駅構内はWifi利用可能。1時間30分遅れで出発。ハイヴァン峠からの景色を見るためにダナン~フエ間のみ列車で。噂通りの綺麗な景色で、思い出に残る列車旅になった。

❺フエ~ニンビン

会社:シンツーリスト
料金:219,000ドン(フエ~ハノイも同額)
所要時間:18時出発~5時到着(11時間)
乗車場所:シンツーリスト フエオフィス
下車場所:QL1A号線沿い 宿付近で下車

3列シート。Wifi利用可能。フエ~ハノイのバスに乗車し、ニンビンで途中下車。乗車時に運転手に途中下車する旨を伝えていた方が確実。安全運転で爆睡。ニンビンでの途中下車は一人だったので、宿付近の大通り沿いで降りる。

 

❻ニンビン~ハロン湾

ローカルバス
料金:130,000ドン
所要時間:11時出発~15時到着(4時間)
乗車場所:ニンビンバスターミナル(Ben xe khach Ninh Binh)
下車場所:バイチャイバスターミナル(Ben xe khach Bai Chay)

Wifiなし、バン。乗車料金80,000+荷物代50,000ドンとの事前情報あり、荷物代高い。街を通るときは超スローペースで乗客を探しながら進むため、バイクにも抜かされる。時間がかかる。

 

➐ハロン湾~ハノイ

ローカルバス(ka long)
料金:100,000ドン
時間:不明 4時間程度
乗車場所:バイチャイバスターミナル(Ben xe khach Bai Chay)
下車場所:マイディンバスターミナル(Ben xe My Dinh)

Wi-Fi利用可能、4列シート。バスターミナル到着時、出発直前だったため急いで乗車し、車内で運賃を支払い。当初「200,000」と言われ、高いと思ったが他の乗客に聞くと頷くので支払った。後で他の乗客から100だと聞き、ネットでkalong社の料金を調べて、翻訳アプリを駆使して、乗務員(ベトナム語のみ)と戦う。「それは昔の料金だ」とか「No」などなかなか返金してもらえなかったが、「ハノイに到着したらスタッフに聞くからあなたの名前を教えて。写真も撮りたい」と伝えると、100,000ドン返金してもらえた。

 

➑ハノイ~サパ

会社:シンツーリストで申し込み→運行はインターバス
料金:219,000ドン
時間:6時半集合 7時出発~13時過ぎ到着(6時間10分程度)
乗車場所:インターバスオフィス(オールドクォーター。シンツーリストから徒歩数分)

前日夜に申し込み。2列×2の4シート、カーテンあり。12時前後に昼ご飯休憩あり。ご飯は高め。隣が小柄な女の子だったので良かった。酔うことなくサパに到着。

 

❾サパ~ハノイ

会社:クイーンカフェオープンバス(バイクをレンタルしたホテルで予約)
料金:220,000ドン
時間:21時出発~3時40分オールドクォーター到着
乗車場所:チケットを予約したホテル集合で乗り場まで連れて行ってもらう。
下車場所:オールドクォーター。インターバス・シンツーリストオフィス付近の大通り沿い

3列スリープングバス。自由席。乗車開始からベトナム人が我先にと入口に押し寄せて乗り込むのでカオス状態。早朝到着だったため、ハノイ滞在時に宿泊した宿に荷物を取りに行き、共有スペースで朝まで寝させてもらう。



 

オープンツアーバスチケットと個別購入の比較

ハノイ~ホーチミン間は便利なオープンツアーバスがあります。

オープンツアーバスとは、例えばホーチミン→ハノイへと行く場合、ホーチミン→ニャチャン→ダナン→フエ→ハノイと、途中下車しながら旅行できるシステム。最初の街で訪れる街を決めて全料金を支払います。

支払金額な明瞭で安価ということで人気がある一方、最初にルートを決めなければならなかったり、バス予約のために各街で支店を訪れる必要があったり、集合場所まで行かなければならなかったりというデメリットがあります。

便利そうに見えつつも、面倒臭そうに感じてしまったことと、一部区間で列車を利用したかったため、私は個別でチケットを購入することにしました。

 

ベトナム縦断をし終えて、ホーチミン~ハノイ間で、オープンツアーバスのチケット代と個別でのチケット購入代の比較をしてみます。

オープンツアーバスの場合
850,000ドン前後

定番はホーチミン~ハノイ間でダラットを経由しないルート。ダラットを経由する場合少し割高になります。旅行会社によって異なりますが、私がホーチミンで探した限りチケットは4000円弱(850,000ドン程度)でした。

個別購入の場合
804,000ドン前後

【内訳】
ホーチミン~ダラット(バス)179,000ドン
ダラット~ホイアン(バス)300,000ドン
ホイアン~ダナン(バス)25,000ドン
ダナン~フエ(列車)81,000ドン
フエ~ニンビン(バス)219,000ドン

フエ~ニンビン間は本当はフエ~ハノイ間のバスなので、ここまでの区間で計算しています。

結果は・・・意外!!

個別購入の方が安い!!

たまたま安いチケットが手に入っただけなのかもしれませんが、バスチケットを個別購入(+一部列車利用)の方が安かったという結果になりました。チケットを個別購入して、ダナン~フエ間のハイヴァン峠を列車で越えるという方法は、料金的にもアリなのではないかな、と思います。

今後バスでベトナム縦断をする方の参考になれば嬉しいです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント