【アメリカ】アンテロープキャニオンを楽しむためにオススメする唯一のこと

アメリカ
この記事は約6分で読めます。
世界一周ブログランキングこっそりと参加中。もしよろしければクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

アメリカ・アリゾナ州にある、マーブル模様が美しいアンテロープキャニオン。写真家や観光客に絶大な人気を誇るアンテロープキャニオンですが、人気すぎるが故に観光客が沢山!人数制限があるものの、混雑して人が多すぎるのが残念…。

そんな大人気のアンテロープキャニオンですが、写真を快適に撮るためにオススメしたい、たった一つの事をご紹介します。私はロウアーアンテロープキャニオンの現地ツアーに参加しました。

【場所】アンテロープキャニオン
【移動日】2019年10月1日
【通貨】1ドル=107.6円

1.アンテロープキャニオンとは

ロウアーアンテロープキャニオン 絶景 アメリカ

ロッキー山脈が隆起してきた際に出来たコロラド台地の一部で、鉄砲水や風が砂岩を長い年月をかけて侵食してできた地形です。

先住民族ナバホ族の居住区域内にあり、現在もナバホ族が管理しています。そのため、アメリカの国立公園年間パスポート「ビューティフルパス」は利用できません。鉄砲水の危険性や自然保護の観点から人数制限が掛けられており、ナバホ族の運営するツアーに申し込まなければ入場することが出来ません。

大人気のツアーであるため、事前予約が必要です。(当日キャンセル枠を狙って現地申し込みも可能ですが、観光客の増加と共にキャンセル枠狙いの観光客も増えています。確実ではないため、事前予約をしておく方が良いと思います。)

 

アンテロープキャニオンはアッパーとロウアー2つが有名です。2つの主な違いは以下の通り。

アッパーアンテロープキャニオン
空から光が差し込む景色「ザ・ビーム」を見ることが出来る。(夏季の正午前後限定)
平らな道なので子供や高齢者にオススメ。
歩く距離が短い。
人気なので直前予約しづらい。
ロウアーアンテロープキャニオン
「ザ・ビーム」を見ることが出来ない。
階段を上ったり下りたりアップダウンがある道なので探検気分。
歩く距離が長い。
写真の撮影スポットが多い。
アッパーよりも直前予約しやすい。

私たちが訪れたのは10月、そして各ツアー会社のHPを確認すると数日前の時点でアッパーの方は予約で一杯でした。

現地でキャンセル待ち、という方法もあるのですが、➊時期的にザ・ビームを見ることが出来ない事 ➋ロウアーの方が満足度が高いという口コミが多い ❸ロウアーは予約枠に余裕があったこと からロウアーアンテロープキャニオンのツアーに参加することにしました。

結果的には、ロウアーで大満足!でした。

 

2.ロウアーのツアー会社・料金

ロウアーのツアー会社は2つ。

Ken’s Tours Lower Antelope Canyon https://lowerantelope.com/
Dixie Ellis’ Antelope Lower Canyon Tours https://antelopelowercanyon.com

この2つの会社に大きな違いはありませんが、片方の会社だけ予約枠に空きがある、ということがあるため2つともチェックしてみることをオススメします。

私たちは、Ken’s Tours のGeneral guided tout(一番一般的なツアー)に申し込みました。2019年10月時点で一人あたり52.8ドル(=5,682円)でした(Navajo Permit Feeなど全て込みの金額)。

ただし、アンテロープキャニオンの観光料は年々値上がりしており、今後も値上がりすることが予想されます。

↑ロウアーアンテロープキャニオンの集合場所はツアー会社の場所です。



 

3.アンテロープキャニオンの手荷物制限

アンテロープキャニオンは持ち物の制限が厳しいです。

持ち込んでよいものは、中身の見える透明なコンパクトなバッグ、水、携帯、カメラ

その他、三脚やビデオカメラ、Go Pro、自撮り棒、カバン、ウエストポーチなどの持ち込みは制限されています。

※以前開催されていた、三脚を持ち込めるフォトツアーは2020年3現在開催されていません。

 

3.アンテロープキャニオンの写真撮影を楽しむためにオススメする一つの事。

3-1.最後のグループにしてもらう

時間になると、10人以内のグループ毎に分かれ、それぞれにナバホ族のガイドが一人付きます。私たちはGroup5。予約制で人数制限が設けられているとはいえ、一つの時間帯に50人程度参加しているような印象でした。

それだけの大人数が狭い渓谷の中を歩くため、人が多すぎて人のいない風景写真はなかなか撮ることが出来ません。

そこでオススメしたいのが「その時間帯で最後のグループにしてもらう」ということ。

私たちの場合、ガイドが意図的に他のグループの後に歩くようにしてくれたため、偶然最後のグループになりました。私たちの後には誰もいなかったため、沢山の写真を撮ることが出来ました。アメリカレンタカー旅のなかで一番多く写真を撮った場所の一つです。

ちなみに私たちは最終時間の最終グループだったため、通常1時間程度のツアーのところ結局1時間30分も滞在していました(これはガイドによると思います。)。その後、日本人夫婦にも同じように実践してもらったところ、大満足だったとのことです。

ガイドによっては急かされることもあるようで、どのガイドに当たるかという運もありますが、最初にチップを少し払って最終グループにしてもらうだけで満足度は大きく変わるのではないかと思います。

 

4.実際のロウアーアンテロープキャニオン

アンテロープキャニオンはガイドブックの写真で見た通りの光景でした。絶景の連続で、本当に写真撮影が楽しかったです。

ロウアーアンテロープキャニオンは高低差があるため、階段を使って下ります。階段を下りている途中は写真撮影をしないよう注意されました。

階段を下りるとこの景色!

素人が撮影しても綺麗な写真。地層が本当に美しいです。

途中、急な階段が何回かあります。

ロウアーアンテロープキャニオン 絶景 アメリカ

なめらかな曲線と光の反射によって生まれるグラデーション。ため息が出るような美しさです。同じような写真ばかりですみません。それぐらい綺麗でした。

乾燥した砂漠地帯に時々降るスコールは、地面に浸水する前に低いところへ集まり、強力な勢いの付いた鉄砲水となります。その鉄砲水が柔らかくて赤い砂岩を削り取ってできたのがこのアンテロープキャニオンです。これだけの美しい地層になるために掛かった年月を考えると感動します。

途中撮影スポットで写真を撮ってくれるなど、本当に親切なガイドでした。

↑タツノオトシゴ形。

地上に出る前の最後の景色。

地上に出てから見るアンテロープキャニオン。

アンテロープキャニオン。アメリカの絶景スポットの一つとして必ず選ばれる場所ですが、想像通りの絶景でした。グランドサークルをまわる際には必ず行ってほしい場所です。観光費は5000円以上と高額ですが、それだけの価値がある場所だと思います。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント