【アメリカ】18日間グランドサークル・レンタカー旅の絶景ルート・日程

アメリカ
この記事は約9分で読めます。
世界一周ブログランキングこっそりと参加中。もしよろしければクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ラスベガス発着アメリカグランドサークル周遊(+イエローストーン,グランドティトン国立公園)のレンタカー旅。毎日が絶景の連続で、最高の18日間でした。

実際のルートや日程、アメリカの絶景をご紹介します。

【場所】ラスベガス~グランドサークル~イエローストーン
【移動日】2019年9月29日~10月16日
【通貨】1ドル=107.6円

1.日程・ルート

1日目 ラスベガス出発 ルート66グランドキャニオン国立公園の夕日
2日目 グランドキャニオン国立公園朝日・観光、セドナ
3日目 ホースシューベンドアンテロープキャニオン
4日目 モニュメントバレー
5日目 アーチーズ国立公園
6日目 キャニオンランズ国立公園ミルキャニオン
7日目 移動
8日目 イエローストーン国立公園
9日目 イエローストーン国立公園
10日目 グランドティトン国立公園
11日目 移動
12日目 抽選、ブライスキャニオン国立公園
13日目 抽選、サウスコヨーテビュート
14日目 抽選、シダーブレークス国定公園ブライスキャニオン国立公園の夕日
15日目 抽選、グランドキャニオン国立公園(ノースリム)
16日目 抽選、ザイオン国立公園
17日目 ザイオン国立公園
18日目 ラスベガス



 

2.毎日の絶景

1日目.ルート66、グランドキャニオン

ラスベガスを出発して、ルート66を通ってグランドキャニオンに向かいます。

カーズの舞台にもなった憧れのルート66

1日目はちょうど時間があったので、夕日を見るためグランドキャニオン国立公園へ。赤く染まる渓谷は絶景です。朝日よりも夕日の方が赤く染まって綺麗でした。

 

2日目.グランドキャニオン、セドナ

宿泊していたウィリアムズを朝4時30分に出発してグランドキャニオン国立公園のサウスリムへ。日の出20分前に到着しましたが、既に色が変わっていたので、もっと早く出た方が良かったです。

朝日を見た後はウェストリムとイーストリムを散策。

グランドキャニオンは噂通りの壮大な景色!実物は写真以上。特にHopi point やPima Pointは180度以上のパノラマ!

 

パワースポットとして有名なセドナ。ネイティブアメリカンの聖地のひとつで古くから大切にされてきた土地です。

赤い砂岩の岩山を街中から見ることが出来ます。

↑4大ボルテックスの一つ、ベルロックからのパノラマ。お手軽に綺麗な景色を眺められます。セドナは予想以上に雰囲気の良い町でした。また訪れる時は1泊したい町です。

 

3日目.ホースシューベンド、アンテロープキャニオン

コロラド川が馬蹄状に蛇行している絶景、ホースシューベンド(Horseshoe=馬蹄=馬の蹄に付けるU字状の金具)。2時間30分も滞在していました。300mもある高低差のある断崖、立体感、色合い…と壮大で本当に感動しました!

グランドサークルの中でもトップレベルの絶景です。自然の雄大さを肌で感じます。

アンテロープキャニオンへ行く途中、グレンキャニオンダムに寄り道してランチタイム。

断崖の間を走るコロラド川はホースシューベンドと似ているけど、また違う景色。人が多くなく、穴場スポットです。

ナバホ族居留地内にあるアンテロープキャニオンはロウアーを訪問。年々観光客が増えており、人数制限が設けられているため予約必須の絶景です。年月をかけて、風や鉄砲水で造られた地形には感動の一言。

毎日違う絶景を見ることが出来るアメリカは凄いと改めて実感します。

 

4日目.モニュメントバレー

モニュメントバレーはナバホ族居留地内にあり、ナバホ族が管理運営しています。敷地内は車(キャンピングカー以外)でドライブすることが可能。

300m以上のビュート(孤立丘)やメサ(平たい岩山)が立ち並ぶモニュメントバレー。どっしりと佇む巨岩は迫力満点でした。

↑夕日で赤く染まるモニュメントバレー。格好いいです。

モニュメントバレーに伸びる一本道。遠くから見ると余計に岩の大きさを実感。



 

5日目.アーチーズ国立公園

ギャロップの方へ寄り道をしていたため、アーチーズ国立公園には夕方到着しました。

↑デビルズガーデンのランドスケープアーチ。

アーチーズ国立公園の目玉はデリケートアーチ。陽が沈む時間帯のデリケートアーチは絶景です。

 

6日目.キャニオンランズ国立公園、ミルキャニオン

キャニオンランズ国立公園は何ヵ所もあるビューポイントが全く違う絶景で、今回まわった中で一番バラエティに富んでいました。

比較的有名ではない国立公園なのですが、想像を超えるスケールの連続で、アーチーズ国立公園とセットで訪れた方が良い場所です。ただトレイルの種類も多いので意外と時間がかかります。

アーチ越しに絶景が広がるメサアーチ。

↑大地の隆起によるものか、隕石衝突によるものか未だに判明していないアップヒーバルドーム。

↑グリーンリバー展望台は彩が美しく、迫力のあるスポットでした。

ミルキャニオンにあるダイナソートレイルは恐竜の足跡が保存されている貴重な場所。

 

8~9日目.イエローストーン国立公園

イエローストーン国立公園には1万ヵ所以上の温泉や間欠泉、泥泉があるといわれています。カラフルな温泉も圧巻ですが、それ以上に園内で出会う沢山の野生動物に感動しました。見どころが豊富なので2日間観光にかけたい場所です。

入ることが出来る温泉もあります。

直径113mと園内最大のグランドプリズマティックスプリング。

 

10日目.グランドティトン国立公園

グランドティトン国立公園は、イエローストーン国立公園南口から車で30分の場所に位置します。

モラン山(3,832m)が鏡面にうつって逆さモランに。

場所によっては木々がほんのりと色づき始め、紅葉の綺麗な時期でした。

雄大な自然に囲まれた公園で、雪を被ったティトン山脈が凄く格好いいです。

 

12日目ブライスキャニオン国立公園

12日目~16日目はカナブの街を拠点にして毎朝カナブビジターセンターでザ・ウェーブの抽選に参加、その後カナブ周囲の国立公園を訪れました。

ブライスキャニオン国立公園は、渓谷内に無数にある色鮮やかな尖塔が有名。

ビューポイントからの景色も良いけど、下に降りてのトレッキングも全く違う景色を味わえます。

日没後に見る星空も綺麗でした。

 

13日目.サウスコヨーテビュート

1日20名限定の絶景ザ・ウェーブ(ノースコヨーテビュート)のサウス(南)版、サウスコヨーテビュート。こちらも1日20名限定。抽選で当選者が決まりますが、倍率はザ・ウェーブに比べて圧倒的に低いです。

色鮮やかなマーブル模様の地層が凄く美しい場所です。歩けば歩くほど全く違う絶景が広がっており、トレッキングしながらワクワクします。

 

14日目 シダーブレークス国定公園、ブライスキャニオン国立公園

カナブの街の北西部にあるシダーブレークス国定公園は「出来かけのブライスキャニオン」とも表現される通り、似たような尖塔がたくさん生えています。

ただ、ブライスキャニオンよりも若干色味が鮮やかで白、黄、オレンジ、ピンクとカラフルな地層が印象的でした。

シダーブレークス国定公園の後はブライスキャニオン国立公園を再訪し、トレッキングや夕日、星空を楽しみました。

 

15日目 グランドキャニオン国立公園(ノースリム)

カナブの街から訪れやすいのがグランドキャニオン国立公園のノースリム。散策できる規模はサウスリムの方が大きいですが、サウスリムよりも峡谷が近く、迫力があるように感じました。

↑天空の城ラピュタに出てきそうな雰囲気。Bright Angel Pointというビューポイント。

 

16~17日目 ザイオン国立公園

ザイオン国立公園は緑が多く、青空と大地、植物のコントラストが美しい場所。

ただし観光客は年間250万人と人気の国立公園なので、駐車場に車を停められなかったり時間がかかったりすることもあり、余裕をもった方が良いと思います。私も、今回訪れた国立公園の中で一番混雑している印象を受けました。

↑オブザーベーションポイントは勾配のきつい断崖を上ります。

往復5時間程度のトレッキングですが、山頂からの景色は絶景です。

 

18日目 ラスベガスへ

ラスベガスでは、噴水ショーを見たりシルクドソレイユの公演を見に行ったり、ステーキを食べたりして満喫しました。

ベラッチオの噴水ショー。

ラスベガスで一番したかったこと。シルクドソレイユ・オーの鑑賞。「O(オー)」はフランス語で水を意味します。

上演中は撮影NGなので公演終了後の写真。ステージが巨大なプールに変わる仕掛けで、水を使ったパフォーマンスの数々は芸術そのものです!

チケット代は1万円越えと安くはないですが、実際に鑑賞してみるとその価値は十分あると感じました。本当に見てよかった。また日本で公演が行われる時は、ぜひ見に行きたいです。

アメリカ最終日はRuth’s Chris Steak Houseで最後の晩餐。

 

今回ラスベガス発着でグランドサークル+イエローストーン国立公園,グランドティトン国立公園を18日間かけて回りましたが、比較的ゆっくり回ったと思います。総走行距離は約3800マイル(=6,080km)でした。

アメリカはどの国立公園も景色が異なっており、毎日が絶景・贅沢な時間でした。グランドサークル(+できればイエローストーン,グランドティトン)のレンタカー旅は本当にお勧めです。

次回、レンタカー旅の費用をまとめます。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

  1. Eric より:

    楽しく拝読させてもらっています
    十分留意されていると思いますが武漢肺炎には気をつけられてください

    • ゆかりゆかり より:

      はじめまして。わざわざありがとうございます。
      今はパラグアイのイグアス居住区におり、ほとぼりが冷めるのを待っているところです。といっても、今年は旅が難しくなりそうなので、帰国という選択肢も考慮しつつコロナの最新情報には気を付けていこうと思います。日本では海外ほどの混乱はないようですが、Ericさんも十分お気を付けください。