【ミャンマー】ガイドブックにない絶景Dee Dokeに行ってみた

ミャンマー
この記事は約4分で読めます。
世界一周ブログランキングこっそりと参加中。もしよろしければクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

きっかけはバガンのドミトリーで外国人にマンダレーに行くならDee Doke Waterfallは絶対おすすめよ!って教えてもらったこと。

ディードケ?

はじめてきく名前、と思ってGoogleで検索。

すごく綺麗!

と思って日本語で探すも・・・。Dee Dokeに関する日本語ページがない!

ということで、まだまだ知られていない絶景ポイントDee Doke Waterfallへ好奇心に駆られて行ってきました。

※Dee Doke(ディードケ)またはDee Dote(ディードテ)と言うそうです。

【場所】マンダレー

【気温】最高37度 最低24度

【通貨】1チャット=0.073円 100チャット=7.3円

 

Dee Dokeの場所・行き方

Dee Doke Waterfallはマンダレーから南東へ車で1時間20分行ったところにあります。

 

アクセス方法は主に3つ。

➊ツアーに参加

私の停まっていたホテル(Ace Star Backpacker BnB)では1人8$で参加者募集していました。(朝出発、夕帰り)

➋タクシー

マンダレーからDee DokeまでGrab taxiで片道12万K(=8760円)です。遠いので高いです。

レンタルバイク

朝と夕方は他の観光に行きたかったので、私は自由に動けるレンタルバイク(1日7000K=511円)で行きました。値段的にはあまり変わらないので、1人参加で時間に余裕がある場合はツアー参加でもよいと思います。

ここではマンダレー市内からDee Dokeへの行き方をご紹介します。

Mandalay-Lashio Rd(3号線)をずっと道沿いに南東へ。

右手にFULL MAX ENERGYが見えたら手前を右折。

道なりに22km進みます。

ずっと砂利道が続いて、人も減ってきて不安になるけど大丈夫。メインロードは一本道です。バイクのメーターで22km数えます。

すると左手に滝の看板が。

その奥を左折。

駐車料金500チャット。駐車場からDee Dokeまではおよそ20分のトレッキングです。

この看板。ミャンマー語+左折マークがあるけど、DeeDokeは道なりに右折です。注意!

ちなみに左折すると、ごつごつした岩をおりていって、普通の川へと抜けます。

また元の道に戻るのが大変で、無駄に体力を消耗することとなってしまいます・・・。

正しい方向へ行くと、日本の山道と同じように木の幹に赤い印が。それを目印にまっすぐ進みます。

Dee Doke Waterfallへ到着!!

私が到着したのは、13時過ぎ頃。他の観光客は地元のミャンマー人の子たちだけでした。

ちなみに私は行きそびれたのですが、ここを右にまっすぐ行くとブルーラグーンがあったようです。



Dee Dokeで遊ぶ

DeeDokeは思った以上に絶景!

当初、ミャンマーで泳ぐつもりは全くなかったので水着はヤンゴンのホテルにスーツケースと一緒に預けていたのですが、このDeeDokeを見ると泳ぎたくなる!

ミャンマー人の子たちも23歳と年が近く、遊ぼうよ!って言ってくれたので思い切って水に入りました!大学生以来の川遊び。

日が差しているところは青色が明るくなって余計に綺麗です。

到着するまでに暑くて汗をかいたから、水がとても気持ちいい!滝の方は深いので浮き輪に乗って行きました。滝に打たれるのも最高!

地元の子たちがシャンプーをし始めて、一緒にどうって言われたので私も髪まで濡らしてしまいました。トリートメントは日本のだよ!っていってたけど、微妙に漢字とか日本語が変で、ちょっとよく分からない。

ご飯ものや飲み物・お菓子が販売されています。

休憩スペース。この右奥に着替えが出来る隠れたスペースがありました。

たっぷり遊んで、15時前頃に団体さんがきたので帰路へ。

トップスもズボンも髪も濡れてしまったけど、帰りのバイクで風に吹かれるとあっという間に自然乾燥。

日本のガイドブック「地球の歩き方」にも載っていなかったので、まだまだ知られていない場所だけど、DeeDokeはすごく綺麗で良いところでした!街中と違って空気も美味しい。

 

 

有名になる前に、ぜひマンダレー観光の一つとして行ってみてください。

ちなみにマンダレーに帰った後はマンダレーヒルで夜景を見る予定だったのだけど、カメラのレンズカバー探しの旅(早速紛失・・・)でCANON→SONY→SONY大手電機屋→カメラ屋と4軒はしごして見逃してしまいました。

でも、なんとか4軒目でSONYのレンズカバーを発見。250円くらい。多分偽物だけど、カバーが見つかって一安心。

自由に動けたという意味でもレンタルバイクで良かったです。

コメント